kutidasikutibasiの日記

個人的な日記

実力も運のうち?岡田斗司夫の配信の感想

今日の配信で岡田斗司夫が、マイケル・サンデル教授の著書「実力も運のうち。実力主義は平等か」についての解説をしていた。

 

それについて、個人的な考えを記録しておく。

私にしては久しぶりに、起承転結がつくかもしれない。

 

まずサンデル教授に関してだが、私は彼の著書「これからの正義の話をしよう」を読んだことがある。

それを読んだ印象では、彼は非常に真摯に本当の平等について考えている人だと感じた。

そこで今日の解説を聞いた感想としては、そういう方向に行ったのかというものだった。

 

彼はこの著書のなかで、タイトルのように才能や実力は運であると、明確に主張しているそうだ。

何かが得意であるということ、継続して努力ができる事、その全てが生まれ持った特性である、と。

 

岡田斗司夫は嬉々としてサイコパスを自称しているし、残酷な事も言うが、少なくとも自己の傲慢さと他者の傲慢さを平等に裁く視点を持っているまともな人間だと感じる。

自分の意見を押し通す為に誤読はしない人だから、解説はそこそこ正確だろう。

 

そんな彼に言われたら、まあそうなんだろうと思うしかない。

 

しかしそのような考え方は好きにはなれない。

それは、その人自身の人生の否定になってしまいかねないからだ。

実力が生まれついてのものならば、人生の結果は生まれる前に決まっている事になる。

それは、産まれたくなかったという言葉の肯定になってしまう。

 

正直私も自分自身が産まれてここにいるというのが間違いであって、そのような間違いを生み出した世界そのものが憎いという感情がある。

しかし、憎しみとは望みがあっての物だ。

人生の苦しみが、ただ肯定される事を望んだわけじゃあない。

 

 

しかしまあ、現実はもっと残酷だ。

サンデル教授は、そのような実力主義、努力主義の世界は差別を作り格差を広げると指摘している。

 

実力が努力によって得られるのであれば、それを獲得していない人間は怠慢であるという事になる。

そうなれば、社会的地位が低いのは自己責任であり、援助する必要がないという結論になってしまうからだ。

 

これについて、岡田斗司夫は能力があるものは、無いものを差別するという説明をしていたが、それは少し違うと感じる。

能力が無いものも、自身を差別してしまう事があるからだ。

 

それには、公正世界仮説という人間心理が関係している。

公正世界仮説というのは、ざっくり説明すると、適切な努力には適切な結果が得られるという考え方だ。

人間経験を積めば、努力が裏切る事もあると知っている。

それでも、失敗した時はこう考えるのではないだろうか。

自分のやり方が間違っていただけで、上手くやっていれば結果は違ったかもしれないと。

 

世界は不平等だ。

しかし、人間の心は自分に不幸が振りかかった時に理由を必要とする。

その一つが結果と努力が結びついているという考え方だ。

誰だって、自分の人生に特に理由もなく苦痛が襲って来たとは、思いたくないからね。

 

だから、才能ある者の努力が称賛されるのは、才能が無い物も望んでいる事なのだ。

そうすることで、自分の人生に夢を見る事ができるから。

 

 

しかし、実力主義は美しいことだけではない。

さっきも書いたように、社会的弱者が虐げられるのを肯定してしまう。

 

それの解決法として、能力の格差がある事を肯定しつつも、自己の立場に固執するのではなくて、もっと大きな共同体の一部である事を大切にしよう!

という内容らしい。

読んでないから正確な所はわからないが

岡田斗司夫氏の解説によると、そうらしい。

 

サンデル教授は頭が良い人なので、もう少し具体的な内容を書いている気もするが、本の評価に結論がわかりにくいというものがあるのであれば、実際漠然とした結論なんだろうな。

 

なので、私がこの問題に対する個人的な考えを書いてそれを結論としようと思う。

 

この才能があるなしという前提が、いらないと思うのだ。

ものすごいそもそも論を話すと人間の評価軸はマッチポンプなのだ。

 

今、才能があるなしを決めているのは、この社会の中で上手くやっていけるかが基準となっている。

しかし、元を正せば人間が生きていく為に、集団で行動するようになり、村が出来て街が出来て、産業革命が出来てという流れから、価値観が構築されていっている。

 

そして、人間がこのように文明を発展させていったのは元を正せば生存の為だ。

そして、もっと話をずらすが、生物学で良く言われるが種の生存にとって重要なのは多様性だ。

特定の能力をもつ者しか必要でないという考え方は1面から見た考え方でしかないのだ。

 

とまあこんなふうに書いたが、

そんな事を言っても、生活は楽にならないんだよ!というのが弱者の本音だな。

 

でも、そもそもの所から話したのはこの才能を過剰に上げる価値観が必要なのかという事を考えて欲しかったからだ。

 

私は適材適所という考え方が好きだ。

社会というのは、色んな役割をこなすものがまんべんなくいるから回っているのだ。

才能ある者も、それを必要とする無能がいてこそだという事を忘れてはいけない。

カリスマもひとりでは、必要のない能力なのだから。

 

だからまあ、結論としてはサンデル教授の似たような物になるかもしれないな。

 

多く持っている人が、持ってない人にあげればいいのだ。

平等にする必要は無い。

でも苦痛は取り除いてあげるくらいの事が必要だと思う。

 

それは、ひいては自分の生活や社会を守る事にも繋がるのだから。

情けは人の為ならずという事だ。

ミュージシャンのイジメ問題が炎上していることについての私見

私見とか書いたが大した内容ではない。

 

イジメの内容については知らないので、特に言うことは無い。

イジメを行った人が正しくないのは、当然の事だろう。

 

しかし、このように過去に問題を所有しているという理由で他人を攻撃することに正義があるとは思えない。

 

イジメのきっかけは必ずしも相手が不快であるからというような、身勝手な理由から始まるわけじゃない。

例えば、その人物が間違いを犯したからというような理由から始まる事もあるのだ。

 

要するに私が言いたいのは、大勢が個人に対して私刑的な批判をしている今の状況もイジメと何も違わないだろうという事だ。

 

自分も最近は個人的な感情で、どうのこうのと怒りを爆発させてしまっている。

反省するべきだとは思うが、そんなに簡単でもない。

客観的にみれば、もう少し思慮深くあるべきだと思えるが、感情の中にいる時にはそのようには思えない物なのだ。

 

 

そう考えると、集団で非難をしている暴徒に見える人々にもちゃんとした理屈はあるのだろう。

イジメを許せないと感じる心は正しい物なのだから。

 

ネットの構造が人間の問題点を強化していると感じる事がある。

 

例えば、人がコメントを打つときそれは個人的な行為に感じられる。

自分一人で自分の端末だけを見て、自分のスペースだけに言葉を入力する。

こんな小さな言葉には力がないと感じるからこそ、過激になったりもする。

しかしそれは自動的に集約されて川になる。

そうして小さな怒りが暴力になるわけだ。

 

 

ここで賢振った人間なら、使う側が賢くならないと、とかいうと思うが私はそれは無理だと思う。

人間が理性ですべてをコントロール出来るわけがない。

人間の愚かさを舐めてはいけない、人間も行動に習性のある動物なのだから。

 

それこそ暴力的な天才がネット世界をもっと人間に適した物に変えてくれればよいのにと思う。

 

そうすれば、ネットの中傷なんかで人が死ななくて済むのに。

週4働いて具合が悪くなった話

最近は気分が落ち込んでいるので、余り日記を書く元気がない。

ただこれはそのうち役に立つかもしれないのでメモ代わりに書いておく。

 

私は基本的に週に3日以上は働かないようにしている。

何故か生まれつき疲れやすく、体調が悪くなると機嫌が悪くなるし、疲れすぎると涙が止まらなくなってどうしようもなくなるからだ。

 

しかし、最近始めた仕事が事務仕事で肉体的な疲れをそこまで感じなかったので、少し多めに入ってみる事にしてみた。

するとどうなったか。

 

一週目はまあ疲れはしたものの普通に過ごすことができた。

二週目で既に異変が起き始める。

腹が減っても、食事をしたくなくなってきたのだ。

 

私は基本食べることが大好きだ。

どれだけ体調が悪くなっても食に関しての執着を失ったことがない。

そんな自分が食べ物を欲しないのは大分異常事態なのだが、その時はこれで痩せるかもしれないと思って放っておいた。

 

そして3周目。

自分でも、疲れを感じ始めていたので少し日数を減らして気合で乗り切るつもりだった。

しかし時すでに遅し。

朝一番にかけた電話で、相手が何を言っているのかわからなくなりいくら集中しようとしても頭の中でさざ波の音が流れるばかりだった。

しかも涙が止まらなくなってどうしようもなくなり帰る事になった。

 

なんというか、自分は体力がないとは思っていたが、頭脳労働も苦手だとは思っていなかったので、まあまあショックだった。

 

昔から、週5日働いたらすぐに泣きながら退職することになるなんとなく確信していたが、まあ、正しかったという事だろう。

 

しかし、週5日働くのが辛いという人はよく聞いた事があるが、実際に出来ないという話は聞いたことがなかったので自分でも信じられない。

しかし現実に起こった事なのでここに記しておく。

 

今はもう、何だコイツと思われても泣きながら帰るよりはマシなので、出来るだけ日数を減らそうとしている。

私は色んな所で失敗もしてるし、失望も山程されているので、冷たい目を耐えるのには慣れている。

 

まあ、ともかく。

どんな状態でも、週5日勤務を続けていられるのはそれだけで凄いということだ。

 

人間未満の自分からするとそう思う。

他者はコントロール出来ないのは真実か?

 

悩み相談でよく、他者はコントロール出来ないから考えるのはやめなさいと書いてあるのを見る。

 

昔はそうだなあと素直に聞いていたが、最近はなんだか納得出来ない。

 

ひとつは、そんな事を言われても人に嫌われるよりも好かれたいという事。

もう一つは、このアドバイス自体が人をコントロールするという目的で書かれているからだ。

 

例えば誰かに「他人はコントロール出来ないから、悩むのはやめなさい」と伝えたとする。

そしてそれを聞いた人物が「なるほど!わかりました!」となった場合、一時的だとしてもコントロールに成功している事になるんじゃないだろうか。

 

別に屁理屈を言いたいわけではない。

しかし、人は誰かの行動や発言や創作物に心を動かされるものだ。

 

もちろんその受け取り方が思ったとおりになるとは限らない。

でも、お笑い芸人とか、漫画家とか、監督とかともかくそういう職業が成立しているというのが、人をコントロール出来るという証明のように思う。

彼らは思いついた事を適当にやっているわけではない。

演出ってのは、見る側の反応を予測してつくられているのだから。

 

私もできることなら人の心を動かしたいと思っている。

きっと、だから他人の心なんて気にするなというアドバイスに反発したくなるのかもしれない。

 

自分でこうして書いてみて、私が創作を続けている理由がわかったかもしれない。

何かを作るのなんて、面倒で仕方がないと思いながらずっと色々とやってきた。

 

しかし、私の目的が人の心を動かす事ならば全部合点がいく。

創作のやり方にこだわらない事も、見る人が居ない作品に意味を感じないのも、自分にとっての創作は目的でなくて手段だったからなんだろう。

 

自分の作ったものが下手くそでも少しも悔しくなかったのも、きっとそういう理由なんだろうな。

自分にはプライドがないのだと思っていたよ。

 

人の心を動かしたいのか。

その目的が達成できたら、少しは生きていてよかったと思えるだろうか。

2021/06/23

 

昨日、仲間なんてくだらないよなあ、というような事を書いておきながら

今日、昼食を奢られて喜んでいる自分は相変わらず馬鹿だなと思った今日だった。

 

私の望みが何かといえば、本当になんでも叶うなら真実を知りたい所だ。

 

でも死なない為に必要なのは、人生の目的だ。

 

誰かの役に立って、それでいて自分にしか出来ないような事をしたいと思う。

性格上、こじつけでもいいから大義名分があったほうがやる気が出るから。

 

滑稽な事でも、意味があると思える事ならできる。

そういう意味では、駄目な人間がいくら頑張った所で無駄だという結果でも、それでいいのだと思う。

自分の哀れな所も含めて。

別に破滅したわけじゃないんだから。

 

しかしまあ、私の人生はまだ続く。

できることなら、誰かに面白そうなお題目を決めて欲しいところだ。

 

それが望めないのなら、もし自分が話を構築する側なら、どんなストーリーを要求するだろうか。

 

一切私情を挟まないのなら、過去に対してきちんと決着をつけるべきだと思うけれど。

自分の感情としては嫌だ。

 

どのレベルの罵倒が飛び出すかわからない上に、また中途半端な対応でもされたらと思うと、考えたくもない。

 

いや、今わかった。

私が自傷の欲求を持っているのはこの怒りが原因かもしれない。

どうしようか、ファンレターに見せかけた罵倒文でも送ろうか。

非常に得意だ。

 

まあいい、冗談だ。

怒るってのは期待があるって事だ。

でももう、期待するのには疲れた。

 

だからもう、何もかも中途半端で誤魔化されたままでも気にしない。

諦めるなとか、頑張れとか、そういう中身の無い事を私に望まないならそれでいい。

苦しみたくないからね。

 

でも、もしも。

諦めるなとか、頑張れとかそういう事を私に望むやつがいるなら。

私と一緒になって苦しむ事を要求するね。

舞台の外から何を言われても、てこでも動かんぞ私は。

 

家のテントに引きこもって、適当にゲームでもして過ごすもん。

2021/06/22

勝負事に関して、負けるから戦いたくないというのは姿勢として正しくないというのは共感する。

しかし、次は勝てるかもしれないから頑張れというのは嘘というか無責任じゃなかろうか。

 

最近は、諦めるなとかそういう考え方に毎回とても傷つくので、理由を考えていた。

 

自分の感覚に一番近い言葉を選ぶなら、

お前の努力が足りていなかったと言われている気分になるからだろうか。

 

私がもう挑戦したくないと思うのは、あれ以上の力はもう出せやしない事がわかるからだ。

私が望む結果を得るためには条件が変化しているという事でしか望みがない。

 

それならやっぱり、何かを望むことなんか無駄なんだろうか。

 

そもそも、私はあの時リスクを取ったのだと思う。

なんというか、肉体的に損傷を受けたわけではないが今現在の自分はあの時には持っていた物を喪失している気がする。

 

そういえば、私が見ている動画でサイコパス的犯罪者は燃え尽きという状態になるともはや犯罪を行わなくなるという説明をしていた事がある。

それを見た時は、元々の気質である事に興味が無くなるというのがよくわからなかったが、精神的なエネルギーの喪失なのかもしれないな。

性格が変わったんじゃなくて、行動を起こすほどのエネルギーが無くなった。

 

そうかもしれない、私も最近は元気がないからな。

 

昔の私なら、アイアン・メイデンの針に全身を貫かれても意識を保っている自信があったけれども、今の私はそのまま意識を失って死ぬことになるだろうな。

いや、過去の記憶がそれのイメージと同じ位痛かったから、なんとなく例えてみただけだ。そんな事、されたくはないしどのみち死ぬ。

 

もしなんでも答えて貰えるなら、これからチャレンジしようとしている事が上手くいくか教えて欲しいと考えている。

 

上手く行かなくても、私は別に困ったりはしないけれど、まあ、悲しい気分にはなるだろうな。

どんなふうに悲しいのかというのが問題で、私がまた他者のことを舐め腐った目で見るようになるのが、悲しいのだ。

それは自分が無能であるより悲しいかもしれない。

 

書いていて、少しわかったかもしれない。

 

主義とか思想とか価値観の為に否定されるなら、それは私にとっては満足出来るものなのだと思う。

 

しかし、生活があるとか立場がどうとかお金がどうとかそういう、格好悪くてどうしようもない物が理由で否定されたとしたら、多分悲しい。

だって、それを大切にする事に問題はないし、それでいて対話の余地がないのだから、虚しいじゃないか。

 

うん、そうか。

だからもう戦いたくないのか。

 

人の心を動かしたとしても、お金には勝てないもんな。

だから、会話する事に意味がない。

 

ああ、なんだかとても納得した。

 

私が欲しかったのは、そういうしがらみとか社会で生きていく為に大切な物を捨ててくれる存在だったから。

そりゃあ、誰を見てもこいつ等つまんねーなと思うわけだよ。

 

それを大切にする理由も、価値もわかってるけど。

でも、人間の意思より大切とは思いたくないね。

 

集団の和とかさ、そこから出れば自由になれるって事を忘れちゃうような場所、嫌いだよ。

私は本当に、集団が嫌いだな。

自分にとって好ましい物であった例がないから。

 

でも最近は、もしかしたら運が悪かっただけかもしれないと考えてたりする。

自分にとって、貢献したいと思えるような集団に属せるといいけどね。

ドラクエ11で悲しかった話【ネタバレ?】

ストーリーが気になったので、実況で見ていたのだが、段々と視聴するのが辛くなってきた。

つまらないとか、飽きたとかではなくてストーリーで示される価値観がつらいのだ。

 

特に顕著に感じたのは、ホメロスとの最後の戦いの場面だろうか。

ストーリー的には、彼が悪の心を持った事が問題であるというような無難な結論に落ち着いているが、ホメロスの選択にそこは大した問題ではないと思うのだ。

 

彼が力を欲したのは、グレイグと対等で居たかったからだ。

もう少しそこを理解してやって欲しかったというか、成功者の説教などではなくて、憎しみを持って対峙してやって欲しかった。

 

弱者の思想を見透かしたうえに、同情されるってのは正直やりきれない。

選ばれた者が、選ばれなかった者に説教するのは残酷だよ。

 

弱者にできる事といったら、失った物に対して理解している振りをする事だけだ。

例えば勇者が間に合わなかった為に、村を失ったとして。

「お前が弱かったから、村人が死んだんだ!」

等と、弱者の立場から強者を責めない事だけが弱者に出来る精一杯のことなのだ。

 

でも、ホメロスはそれを言いたくなかったが、失うのも嫌だったんだろう。

だから手段を選ばなかったわけだ。

 

文章が下手くそでよくわからないな。

しかし、これ以上上手く書けそうもない。

 

まあなんというか、王道の物語なので仕方ないのだが、弱さは努力で克服出来るというメッセージが辛いのだと思う。

 

昔の私はそれに対して怒る元気だけは持っていたのだけれども。

今となっては、利得の為に表層だけメッキされた表現だとしか感じなくなってきた。

 

うん、要するに正しさを偽善じゃなくて、誤魔化しや無神経だと感じるようになったのだと思う。

 

口先ばっかりだ。

じゃなくて。

そのような発言をする君のメリットはなんだ?って思うようになったわけだ。

 

夢や希望を語られて傷つくのは、多分私が過去の出来事に対して、納得もしていないし、仕方なかったとも思って居ないからだろう。

でも、それを語った所で意味はないのもわかっている。

 

だから、思い出さないように、もっと日常的で夢や希望なんか必要ない、物語を見るしかないのだ。